基本的に外に発信しないブログ:I've got the time for more than talking.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/15
2009 Sun
バレンタインデー、エトセトラ。
・自動車学校の卒業検定、受かりました。
・一番苦手なコース+縦列ということで、ひたすら緊張しておりましたが、
・無事に1回で受かりました。……よ、良かった!
・ただ路駐が多くて、それを避ける時に1回、ウィンカーあげそこねていて、
・そこだけはちゃんと減点されておりました。焦ってたんだよ!
・今年もチョコレートを配りまくりました。
・ ち ゃ ん と 返 せ よ !
・バレンタイン=お歳暮/お中元以外の何物でもない^^
・引っ越しの準備が結構大変です。
・17~20日は京都・大阪あたりをうろうろしてます。
・パワースポット(笑)を回ったり、心のデトックス(笑)をしたりします。
・学部生の時は卒業旅行を自粛していたのですが、
・今年は旅行行っちゃうぞー^^
スポンサーサイト
02/09
2009 Mon
口頭試問。
先日、無事に修士論文を提出し、口頭試問を受けてまいりました。
私は研究者コースの方に続いて、2番目に予定されていたのですが
……当日朝、再確認してみると、トップバッターになってる/(^o^)\
そんなこんなのハプニングであわあわしつつ、お弁当を食べ待合室へ。
M2のみんなの変なテンションにちょっと癒されつつ、開始時間を待ちました。

名前が呼ばれたので、友人らに見送られつつ、宛がわれた部屋へ。
出席したのは主査、副査1名ずつと、それ以外の専攻の先生方。
他の専攻は、お休みの先生とかも多かったらしいですが、
政治学専攻は確か1人を除いて、全員出席だったと思います。
院試と同じように、ぐるーりとコの字型に取り囲まれて、試問されてきました。

まずは主査から全体に対するコメント。
指導教官なので細かくコメントを頂いて恐縮しきり。
しかし主査のはずのK野先生の指摘が一番鋭い!!!!1111
(※主査はあまり厳しいところを突かない、というのがセオリーみたいです)
論文の長所もたくさん示して下さったのに、
その後の指摘が鋭すぎて忘れかけてしまいました(笑)
それから質疑応答をちょっとやって、主査のターン終了。

続いて副査のターン。
私は副査を当日まで知らなかったので、そこで初めて副査の教授と対面。
うはwwwちょwwwI田先生が副査wwwとかwww
(※I田先生=私の憧れの教授。でも厳しい。授業難しい)
M1の構想発表の時に軽くフルボッコされてるのにwww
ですが、先生と私の専門が厳密には被っていなかったので、
そこまで深いツッコミはなし。
概念の理解は問われたんですが、そこは何とか切り抜けた、かな?
(フォルクとナチオーンの辺りを少々。一応、想定問答作っておいて良かった)
そつなく質疑応答を終えて、副査のターン終了。

そして主査が他の先生方に意見を求めたのですが、
主査/副査以外は論文要旨しか読んでいないので、質問は出ないと思いきや。
仲良くして下さってるO崎先生と目があってしまい、思わず笑ってしまうwww
すると先生が、笑って手を挙げたwww
ちょwww先生wwwやめてwwwと思っていたのですが、
論文ではどの辺まで触れているのか、系の質問だったのでおk!

そして質疑応答が終わると、
「そろそろ時間ですね、お疲れ様でした」との主査の一声。
これで学部時代から数えると、2年の研究が終わりました\(^o^)/
ちょっと緊張が解けて、涙が出そうになりました。本気で。

先生方から頂いたコメントをちょっと整理してみます。

主:論理性高し、論旨明確
主:分かり易い記述
主:先行研究が整理されていて、資料的な価値あり
主:総合的な観点に独自性あり
主:ドイツ語文献をもう少し活用すべし
主:状況証拠をデータで実証することが今後の課題
副:着眼点良し→センスの良い論文
副:専門外の人にも分かり易くアクターの整理を。説得力を高めることになる

嬉しかったのは、K先生に
「ポスト冷戦期の立場から客観的に論述されていることの価値は大きい」と言われたことかもしれません。
バイアスが全くかからない立場からの考察の必要性も感じていたので、
この評価はとても嬉しかった、です。
そして一番萌えたのは、憧れのI田先生に
「センスの良い論文」と言って頂けたことですかねwww本気で照れましたwww

なんだかんだで、一応学部3年からの研究は形になったのではないかと思います。
……長かったなぁ。これで修了させて頂ければいいのだけれど!
01/29
2009 Thu
論文進捗状況その6。
 修 論 提 出 完 了 !
01/26
2009 Mon
論文進捗状況その5。
・「はじめに」「おわりに」にもチェック頂く。
・やっぱり「はじめに」はたくさん赤が入る。
・「はじめに」は論文を書くにあたって、一番難しい部分なので仕方がない!
・でも先にきちんと指摘して頂くことで、反論を潰しやすくなったので有難い。
・脚注と参考文献のチェックも終わり、印刷屋さんにも了解を取ったし、
・あとはちょいちょい小さいところの訂正をやって、終了予定。
・出来れば29日には印刷を終えていたいけれど、どうかしら。
・目標は「隙のない論文」。
01/22
2009 Thu
論文進捗状況その4。
・3章にもあまり手が入っていない。
・というか、赤はほとんど脚注だ……!(笑) 
・「はじめに」「おわりに」を提出。
・ということで、とりあえず修論は形式的には完成。
・あと一週間でどこまでブラッシュアップできるかが問題。
・小倉千加子『結婚の条件』を薦められたので、論文が終わったら読む。
copylight © she says.... all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。